「漆壁を愉しむ
土間のある家」
完成見学会EXHIBITION IN TOKYO

「漆壁」がお客様を
お迎えする住まい東京都大田区にて開催

2019年1月19日、1月20日の2日間、東京都大田区にて新築注文住宅完成見学会を開催します。
旗竿地を活かしたアプローチと庭を備えた3階建てのお住まい。階段とリビングの間に視線を通すガラスのパーティションを採用し、屋上には広々としたルーフバルコニーを設けるなど、自由度の高い設計プランが見所です。 平成建設の漆職人が手掛ける「漆壁」や、間取りに合わせて設計した製作家具といった、職人の技、設計士の工夫をどうぞご覧ください。
完全自由設計ならではのこだわりが詰まった注文住宅です。
当見学会は予約制となっておりますので、見学をご希望の方は下記メールフォームよりご連絡ください。

イベント情報

  • 日程 / 時間

    2019年1月19日~1月20日 10時~16時

  • 場所

    東京都大田区

  • 予約方法

    お申し込みフォーム、またはお電話にて

お問い合わせ先:03-3426-1100(平成建設世田谷支店)

完成見学会を予約するReservation form

職人がつくる「漆壁」漆芸を建築に取り入れたモダンな佇まい

お住まいの見所のひとつが、平成建設の職人が作る「漆壁」。
不燃物に漆を塗装する独自の技術を用い、壁の外側は手仕事による自然な凹凸感を出し、そこに透明度の高い漆を塗ることでより印象的に。 また、壁の内側は滑らかで触れた時に心地良く、仕上げは漆の中でも独特な色である白漆を使うことで夕暮れのような落ち着きを表現しています。

平成建設では、日本古来の漆芸を建築に活かし次世代へと繋ぐ活動を行っており、2017年にはグッドデザイン賞を受賞しています。

「漆×左官」という新たな表現方法

特許を取得した技術により、不燃物への漆の塗布が可能となりました。下地の仕上げ方と仕上げの組み合わせによって表情は千差万別。木に塗るのとは全く違う、独特のツヤやムラ、凹凸による陰影が見る人を惹きつけます。経年変化で色が落ち着き、黄金色になっていくのも魅力のひとつです。

特殊不燃漆仕上げ -透-

漆本来の持つ「半透明のあめ色」を活かした「透(すき)」。 下地を鏝の跡が残るよう仕上げることで、深みのある模様が浮かび上がります。

特殊不燃漆仕上げ -白-

白い顔料と漆本来の色合いが混じり合い、奥行きのあるベージュ色となる「白(しろ)」。 下地は滑らかに仕上げ、表裏で全く異なるイメージに。

注文住宅ならではの強みご家族に合わせた完全自由設計の住まい

ご家族の暮らし方に合わせた工夫が随所に凝らされたお住まい。
ライフスタイルや生活動線を考慮し、住まう方のためのオリジナル空間をご提案します。

URUSHI-kabe

職人が手掛けた漆塗りの壁。不燃材であるコンクリートに塗布することが可能なため、様々な形で施工することができます。
スポットライトが漆の模様を美しく照らし出すと共に、式台にも間接照明を仕込んでおり、幻想的で浮遊感のある特別な空間が完成しました。

Living Dining Kitchen

日当たりの良いコーナーは作り付けのソファを造作し、ご家族が寛ぐスペースに。 その横には書斎とスタティスペースを兼ねるライブラリーを設け、キッチンからも様子を窺えるよう、ガラスの建具で仕切りました。 スリットガラスのパーティションはお施主様と設計士の打ち合わせの中で採用されたもの。安全性と開放感の両方を備えています。

Kitchen

個性的なフォルムのフレームキッチン。計算された隙間が圧迫感を軽減し、軽やかな印象を与えます。 背面には造り付けの収納棚を設けました。家電から食器まですっきり片付く、大収納力が見所です。

Bedroom

木ルーバーを貼った主寝室は開口部が小さく閉鎖的な印象ですが、木質感によって居心地の良い「巣」のような空間となりました。 規制上、天井高さに制限があることを逆に活かした空間デザインです。

Lavatory

主寝室と繋がる洗面室。完全なプライベート空間である3階には廊下がないため、複数の部屋がダイレクトに繋がります。

Sofa space

ソファスペースの天井は一段下げ、間接照明を廻して柔らかな印象に。軒天と同じレッドシダーを貼ることで連続性を持たせ、開放感を演出しました。

Roof terrace

17.8帖の屋上テラスはガーデニング、バーベキュー、晩酌、食事会、あるいはグランピングも楽しめる特別な空間です。

設計士よりDESIGNER'S COMMENT

様々な敷地条件の中で、建物の中の「お気に入りの場所」を探しながら設計しています。
今回の住宅では、お施主様よりご希望をたくさん頂き、それぞれの要素がチグハグにならないよう全体のバランスを見極めながら、設計をしました。 パースやサンプル、施工例写真を広げ、お施主様とイメージを共有。建築は完成してみないとわからないという楽しさと怖さがあるので、何度も打合せをしながらこの建物の方向性を模索していきました。 ご家族それぞれの「お気に入り」がある家になればと思います。見学会にてご覧いただき、今後の家づくりの参考になれば幸いです。

漆職人よりMEISTER'S COMMENT

グッドデザイン賞を受賞してから初めての施工です。
お施主様は遊び心のある方。本社ショールームの漆の間に足を運んでいただいた際「ぜひ使いたい」と言ってくださり、玄関から入って真正面の壁という一番目立つ場所に採用していただくことになりました。 テーマは「遊び心」があり、でも「飽きない」もの。難題ですが挑戦するにはこの上ないテーマです。 サンプルを交えて何度もイメージのすり合わせを行い、2つの表現方法に辿り着きました。

多くの工業製品は完成した時が最高の状態ですが、漆は経年変化でどんどん状態が良くなっていきます。半年、一年と時間の経過とともに透明度が上がり、色が浮かび上がってきます。 ですから、本当の完成はまだまだ先になりますが、どのような表情になるのかを想像して待つ時間もまた、漆の楽しみ方のひとつではないでしょうか。お施主様の日々の暮らしに、少しでも華を添えることができたら幸いです。

イベント情報

  • 日程 / 時間

    2019年1月19日~1月20日 10時~16時

  • 場所

    東京都大田区

  • 予約方法

    お申し込みフォーム、またはお電話にて

お問い合わせ先:03-3426-1100(平成建設世田谷支店)