平成建設の家

社員の一日に密着-住宅現場の構造確認-



こんにちは。
静岡ショールームの丹波です。

さて!今回も社員の一日に密着していきたいと思います!
今回は設計課に所属する、入社3年目の大庭さんです。
現在は住宅の設計を行っておりますが、普段はリフォームやマンションなど様々な案件に携わっています。そんな大庭さんのとある一日に密着してみました。



それではさっそく密着スタート!



8:40 出社



内勤は9時始業です。
20分ほど早く出社し、朝の清掃と朝礼を行います。

その後、準備をして・・・
午前中は現場の構造確認に向かいます!



10:00 現場到着


到着!
上司の長澤さんとともに。



こちらの現場はSE構法を採用しており、壁に構造用合板が貼られています。この合板は、建物を支えるための耐力壁となり、性能を十分に発揮させるために施工方法が決められています。設計による構造確認では、設計通り正しい位置に耐力壁が施工されているか、使用する釘が間違えていないか、釘の間隔が規定通りかなどを確認していきます。


ちなみに耐力壁とは・・・
「建物の横からくる力(地震の横揺れ・台風の時の横風など)を支える壁」のことを言います。
真上からの力は柱で支え、横からの力は耐力壁で支える、頑丈な家を適えることができます。



3階建ての少し大きな現場なので、大工が打った釘の数は1万本以上!
(こちらの現場の担当大工、髙橋大工も驚きの1万本!)


見落としがないように・・・


見えなくなってしまった箇所は大工からのメッセージが。
「釘確認済」



1階・2階・3階と、家の周りをぐるぐるしながら外壁を見ていきます。


室内もくまなくチェック!
気になった箇所の報告や、連絡事項を現場の髙橋大工へ伝え、支店へ戻ります。



11:30 帰社


戻ってからは、先ほどの検査中、図面に書き込んだ内容を監督へ報告。



12:00 昼食



静岡支店では、お弁当を持ってくる人・買いに行く人半々くらいの割合です。近くに増田焼豚本舗様の店舗があるので、そこへ買いに行ったり・・・素敵なお店ですので、いつか紹介出来たらと思っております。



さて、次回は午後の業務に密着!
午後の様子をちらっと


次回もお楽しみに!

おまけ



構造確認中に見上げた空。
雲一つない真っ青な空に、飛行機が2機飛んでいました。
2機同時に視野に入ることが珍しく感じたため、思わずパシャリ。


うっすらと映っているので目を凝らしてみてみてください!(笑)
ちなみに時間帯にもよりますが、世界中の空では約1万機が飛び交っているのだとか・・・

1万本の釘、1万機の飛行機・・・他にも身近に「1万の〇〇」がありそうですね!

静岡ショールームで働く社員の1日に密着!

静岡ショールームには、大工・営業・設計・監督・不動産・総務・デザイン、と様々な職種が集まっています。内製化ならではの関わり合いなど、インタビュー記事を交えながらお伝えします。

詳細はこちら