NEXT EXHIBITION

真髄を探る日本の木工藝2020年3月6日(金)~4月10日(金)

真髄を探る 日本の木工藝

未来へ継ぐ 木を彫り楽しむ生活

平成記念美術館 ギャラリー所蔵の木彫工藝、 幕末の作家から現代の重要無形文化財保持者「須田 賢司」までの名品を展示いたします。 日本の縄文時代・弥生時代にはすでに現在の木工技術は完成を見ていました。 日本列島の豊かな樹木は日本人の生活と精神をつくり支えてきました。 指物、刳り物、彫り物などの石器を中心にした刃物を用いて木を彫るという技術を高めながら、 日本人は樹木の生命力を受け、時代ごとに日本独特の木彫を創り、様々な祈りも込めてきたのです。 明治以降の急速な西洋化と、第二次世界大戦後に大きく生活環境が変わってきた中で、美術工藝も急速に変化しました。 しかし、精緻な技巧に込められた日本の美意識は、今も私たちの中に流れて続けています。 日本の地で愛されてきた「木を彫り楽しむ感性の流れ」「美しい木のある生活」は今後も未来へと継承されていくことでしょう。

展示会概要

  • 開催期間2020.3.6(金)~4.10(金)
  • 会場平成建設世田谷支店併設 平成記念美術館 ギャラリーmap
  • 観覧料無料
  • 問い合わせ先03-3426-1103(平成記念美術館 ギャラリー)

同時開催「淺井濤子・磯野宗和 盆石展」2020.3.6(金)~4月10日(金)

淺井濤子(石州流盆石家元八世)、磯野宗和(細川流盆石九代家元、林義牧派遠州流茶道十三代家元)のお二人の盆石を展示いたします。

詳細はこちら