EXHIBITION

時空を超えるオールドノリタケの魅力2015年11月30日(月)~12月25日(金)

100年を経て里帰りした装飾陶磁器

明治から昭和初期に、日本美術・工芸の技と知恵を駆使した新しい陶磁器として、生み出された魅惑のオールドノリタケ。 その歴史は、ノリタケブランドの生みの親である森村市左衛門らにより、明治9年(1876年)、銀座に創立された貿易商「森村組」 に始まります。 森村らは、海外でも通用する白色硬質磁器の研究を重ね、テーブルウェアや装飾品の陶磁器を次々と開発。 欧米に輸出されたこれらの陶磁器は、ノリタケブランドとして世界中で愛され、世界に門戸を開いたばかりの明治政府にとって、貴重な外貨獲得の一端を担いました。 江戸時代に最高レベルに達した工芸の技を受け継ぎ、さらにそれまでの日本にはない、多種多様な絵付けを工夫したオールドノリタケ。 明治の日本が示した熱き心と誇り、広い世界と新しい時代への夢を込めた数々の名品は、和洋の文化が融合し、西洋スタイルの中に日本人の感性が脈打つ、希少な作品です。

「森村組」は明治37年、ノリタケカンパニーの前身となる「日本陶器合名会社」を愛知県愛知郡鷹羽村大字則武(現在の名古屋市西区則武新町)に設立しました。 “ノリタケ”の名は、この地名にちなんで付けられています。

イベント概要

  • 開催日2015.11.30(月)~2015.12.25(金)
  • 会場平成建設世田谷支店併設 平成記念美術館 ギャラリーmap
  • 観覧料無料
  • 問い合わせ先03-3426-1103(平成記念美術館ギャラリー)