安全・快適・高品質な仕様Construction & Equipment

「木かげの家」は住まいの安全性を重視し、オプションで制振装置を採用、全棟で構造計算を行っています。
更に構造部に国産檜材を用いることで、躯体の頑強さも追及しました。
高品質な窓、吹き付けウレタンフォームにより、気密性・断熱性にも優れた住まいです。

安心をより確実にする C-FORCE 構法Construction

オール国産檜

構造の柱には国産檜を使用しています。木の強度を表すヤング係数は110以上で含水率15%以下というJAS規格を上回る高い品質です。 トレーサビリティのとれた保証付きの安心材で、耐水性・防虫性に優れ、強い強度・耐腐朽性があります。

国産ヒノキ

全棟構造計算を実施

一般の木造住宅では必須とされていない構造計算も、全棟で実施しています。 大震災の被害をあらかじめ想定・検証しているため、他の木造建築では類を見ないような、耐震性に優れた自由な空間づくりが可能です。

構造計算

プラス制震という安心

本震に続く余震のこと、また地震後の暮らしのことも考え、耐震構造に制振装置を加えました。 住まいの持つ耐震性を損なうことなく、新たな性能を加え、本震だけでなく、繰り返し来る余震にも強い、より安心・安全な住まいづくりをお手伝いします。※オプション

制振装置

高性能な窓Window

標準仕様にアルミと樹脂の良さを融合したハイブリット窓を採用。
中空層には、空気に比べ熱の伝わりを30%抑えるアルゴンガスを封入。優れた断熱効果で結露の発生を抑制します。

高性能な窓

優れた断熱性Insulation

一般的な木造建築の住宅では、さまざまな部位から熱を損失しています。
「木かげの家」は優れた断熱性能を持つ現場発泡ウレタンフォーム断熱材を採用。
ウレタンフォーム断熱材を躯体に直接発泡し、隙間なく充填することで、夏は涼しく、冬は暖かい「高気密」+「高断熱」な住まいを実現します。

ウレタンフォーム

 冷暖房費の節約にも効果的

「高断熱」+「高気密」を実現する現場発泡ウレタンフォーム。外周壁には100mm、屋根には200mmの厚さで施工することで、夏の日差しや、冬の冷気をシャットアウト。 室内の空気を外へ逃がさず、冷暖房効率を高めることで光熱費を最小限に抑えられます。

 人と環境にやさしい素材です

厚生労働省のガイドラインに定められた揮発性有機化合物(VOC)を含まない安全な素材を使用。 水を発泡剤として使用するため環境に悪影響を与えるフロンガスを一切使いません。暮らす人はもちろん、施工する人にも優しい断熱材です。

 お問い合わせ・敷地調査依頼はこちら

「木かげの家」についてのお問い合わせ、お申し込み、また、設計者である長澤への質問など、お気軽にご連絡ください。