平成藝術賞について

芸術家育成のための取り組み
若手芸術家への奨学金制度を創設

かねてより、建築に携わる者にとって美意識の育成は必要不可欠との考えから、平成建設は東京藝術大学への社員研修や講師を招聘しての講演会、また東京藝術大学からの見学の受け入れなどを実施し、美術界との相互交流を行って参りました。 そして現在第一線にて活躍中の芸術家の方々、学業に励む若き芸術家の方々と触れあいを通じ、文化材の保護や芸術家育成のための助成が、建築分野や今後の社会にとって有益であるとの考えに至りました。 2015年、次世代の美術界を担う芸術家、および研究者の人材育成を目的として、日本画、油画、彫刻、工芸(彫金)、デザイン、建築、先端芸術表現、芸術学の8分野に於ける、優秀な学生への奨学金制度「平成藝術賞」を創設。 2015年3月26日に第一回授与式を行い、同年6月には平成記念美術館ギャラリーにて受賞作家展を開催致しました。

東京藝術大学学長 宮田亮平氏による賞状授与

弊社社長秋元によるスピーチ

受賞作家展の様子