INTERVIEW

だから平成は
楽しい

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 自信につながる達成感。営業の仕事

飯田×岸×亀ヶ谷
営業

自信につながる達成感。営業の仕事

■ 飯田 伸也 Shinya Iida
様々な業種で営業職を経験した後、中途入社。現在は、世田谷支店営業課の課長。世田谷支店の営業をまとめる存在として部下から熱い支持を得ている。

■ 岸 大晋  Hiroyuki Kishi
新卒入社。本社でマンション営業を経験した後、世田谷支店に異動。若手を引っ張っていく存在に。現在は横浜支店で賃貸マンションの営業をメインに行っている。

■ 亀ヶ谷 佳純 Kasumi Kamegai
新卒入社。本社で住宅をメインに営業を行った後、世田谷支店に異動。現在では賃貸マンションから住宅、リフォームなど幅広く営業を行う。若手のお姉さん的存在。
どのようなプロジェクトに関わっていますか?
飯田:賃貸マンションの営業が主な仕事ですが、仕事は多岐に渡ります。住宅だったり、店舗や事務所が入ったものだったり…。世田谷支店の営業をまとめる立場にあるので、様々な案件に携わっています。
―――
亀ヶ谷:私は、今まで住宅メインでやっていたのですが、少しずつ賃貸マンションの営業のことを教えてもらうようになって、今はメインとして営業活動しているのはマンションですね。あとは住宅のお話があれば、これまでの経験を活かし全力で取り組んでいます。
――
岸:今は主に賃貸マンションです。横浜エリアでは住宅関係より土地活用のご相談が多いですね。
営業ってどんな仕事ですか?
飯田:僕は色んな業種で営業をしてきましたが、一言でいえば仕事をとる人です。その中で、僕が大事にしているのは、営業は「リーダーであるべき」ということです。お客様と社内の色んなセクションの人達の間に立って、リーダーとして駆け回るというか。お客様と会社の架け橋になって建築を造り上げていくという認識ですね。
―――
岸:僕にとって営業という仕事は、「お客様をより豊かにするためのお手伝い」かなと。
―――
亀ヶ谷:そうですね。私も同じ意見で、例えば事業計画だったら、色々な計算をしたり、銀行を駆け回ったり、社内で色々な掛け合いをする。マンションでも住宅でもリフォームでも、一番の目的は私たちにとって都合の良い建物ではなくて、「お客様にとって良い建物を建てる」「良いプロジェクトをすすめる」ということです。
営業をしていて良かったなと思う時はどんな時ですか?
飯田:月並みですが、建物が完成した時です。お客様はもちろん、平成建設の社員や他にも様々な人が関わるので、きちんと誠意を持って立ち回る。そして建物が完成し、お客様にありがとうございましたって言ってもらえると、「やった甲斐があったな」と、とても大きな達成感を味わえます。
―――
岸:私は、普段だったら出会えないような資産家の方から色々な話を聞けるという点ですね。平成建設のお客様は本当に良い人が多いので。
―――
亀ヶ谷:私もそこですね!お客様から聞くお話って本当に貴重で、知らないことをたくさん知ることができるのでとても楽しいです。
―――
飯田:それを楽しいと思えるのは営業に向いていますね。
内製化を感じる瞬間ってどんな時ですか?
飯田:営業のみならず、設計、監督が揃ったときの決定スピード。これは絶対の自信を持っています。世田谷支店のメンバーは、皆よくお互いを理解している。だからできるんじゃないかな。
―――
岸:結局、建物って営業は建てられないじゃないですか。絵も描けないし。設計に描いてもらって、監督や職人に造ってもらわないと。チームワークが良くないと、良い建物はできないと思います。例えば、これは営業の仕事、これは設計の仕事って、確かにやらなくちゃいけない業務の区切りはあるかもしれないですが、その部分が割と柔軟性があるような気がしていて。だから、お互いの業務に対して言い合えたりするコミュニケーションが取れているように感じます。予測されるトラブルに対してもお互いちゃんと話ができて、お互いの負担にならないようにできているんじゃないでしょうか。
―――
亀ヶ谷:本当にそうです。大工さんに色々教えてもらえる会社なんて他にはないですよ。より現場のことを知ることができたし、興味がある。建築にちょっとだけ詳しくなれたのは内製化している平成建設だからかなと思います。
平成建設の営業の面白さは?
亀ヶ谷:本当に良いと思って売っている営業って世の中にそんなにいないのでは?と思うんですよ。そんな中でも、この会社は本当に良いものを造っているという自信を持って売ることができるのは営業としてすごい幸せだなと思っています。
―――
岸:建物を売る建築会社の中で職人も内製化しているので、営業が現場に行っても職人との距離が近く、コミュニケーションがとりやすい。そこはこの会社の良さかなと思います。
―――
亀ヶ谷:あともう一つは、マンションも住宅もリフォームも、何でも営業担当をやらせてもらえること。それぞれやり方が全然違いますが、自分で取ってきた仕事はやらせてもらえる。若いうちにそんなに経験できる所は中々ないかなと。大きな会社だと色々な部署を経験しないとできないから難しい。様々なことを経験するのに時間がかかると思うんです。
―――
飯田:「誇れる仲間」とか「誇れる建築」を世に売り出せるっていうのがいいなと。あとは、これだけ色々な人と関わらなければならない営業も他にないんじゃないかなと思います。社内だったり銀行だったり、それを全部整えなければならない。だから難易度がすごく高いと思います。難易度が高いからこそやり遂げた時の達成感が大きいし、その達成感を積み重ねていくことで自信にもつながるだろうなと。平成建設で営業がある程度きちんとこなせるようになったら、どこに行っても何でも売れるっていう自信がつくんじゃないかな。