Owner’s Interview
静岡県御殿場市Y様邸
「窓が景色を切り取る家」

どの部屋からも、富士山を眺めたい。

Y様の「どの部屋からも富士山を眺められるようにしたい」とのご希望で、建物自体をL字型に。窓を可能な限り大きくすることで、自然をインテリアに取り込んでいる。
そこから見られる豊かな緑に彩られた美しい富士山は、まさに御殿場ならでは。

の外には青々と広がる田園風景、壮大な富士山を望むY様邸。風景を切り取るように配置した窓が、自然との一体感を感じさせてくれる。新しい住まいでは「子供が走り回れるリビングや、御殿場の寒い冬も乗り越えられる蓄熱暖房器、配慮された家事動線に、たっぷりの収納など、快適に過ごしています」と、充足された日々を送られているようだ。
「工事中に現場で撮った写真は千枚を超える程です。監督や大工さんは気さくな人ばかりで話しやすく、引っ越し後はこの家に招待しました」。工事中、Y様は毎日現場に足を運んでくれたため、現場確認がスムーズだったと、監督や大工は言う。職人を数多く内包している平成建設では、現場で働くのも当然自社の社員。お客様の要望が直に現場へと届く。「私が現場で、ここに棚が欲しい。とお願いすると、すぐに対応してくれました。この〈早さ〉が平成建設さんの魅力だと思います」
家造りに関わるすべてのプロフェッショナルが社内にいることで、情報の共有、伝達がスムーズに行える。お客様のあらゆるご要望にも素早くフィードバックできるのは、そんな内製化システムの平成建設ならではだ。
もちろん竣工した後でもそれは変わらない。「引っ越してからも、不具合を見て欲しいと連絡すれば直ぐに来てくれたりと、竣工した後でも安心しています」。竣工後の点検訪問では、お子様の成長を見られたり、お施主様の率直な意見が聞けたりと、現場監督も訪問するのを楽しみにしている。
最後に家造りのパートナーとして、平成建設を選んだ感想を伺った。「とても楽しい家造りでした。台風や災害の時に連絡をくれたり、平成建設さんで開催しているイベントに参加したりと、『建物が完成したら終わり』なんてこともなく、良い関係が築けていると思います」

 

シックモダンの外観
目の前に田畑が広がる、自然に囲まれた計画地。黒いガルバリウムが、周囲の緑によく映える。

 

 

 

 

 

 

階段の先にあるライブラリースペース
2階のすべての部屋へと続くホールは、作りつけの本棚を壁一面に持つ、勾配天井のライブラリースペースに。リビングと共に、家族の団欒スペースとなっている。階段は蹴込み部分を透明素材にすることで、光を玄関へ導いている。

 

 

 

 

 

 

コレクションケース
ご主人のコレクションを展示するため、リビングに間接照明で照らした専用の飾り棚を製作。
特徴的なマークはデザイン部が
総力を挙げて作成。