Owner’s Interview
静岡県三島市K様邸
「お気に入りに囲まれる家」

ルーフテラスから心地良い日差しが差し込むダイニング。ブランコに揺られるお子様の姿を横に、お料理を楽しむ奥様。
家族との時間を楽しむひととき。

Point 1「好きな物リスト」と、「ダメな物リスト」

設計士がプランニングする上で役立つのがお施主様が思い描く「住まいのイメージを載せたビジュアルファイル」だ。今回は、K様自作の〈ダメな物リスト〉が特に役立った。

Point 2 世界に一つの、自分好みのキッチン。

奥様の一番のお気に入りは、ダイニングキッチン。「家を建てる前からずっと憧れていた」というフリーハンドイマイのオーダーメイドのキッチンは、「自分に必要な収納だけが欲しい」という奥様にぴったりの逸品。

 

宅の1階に奥様のセレクトショップを併設した住宅。K様の表情はとても明るい。「とても快適です。2階リビングは明るくていいですね。1階がリビングでは実現しなかったと思います」。2階リビングは天井が高くとれるので開放的な空間が可能になる。K様邸ではリビングとダイニングで天井の高さに変化を付け、空間を柔らかく区切っている。遊びに来た友人からは「天井の高さが違うのがいいね」とよく言われるそう。「皆さん居心地が良いみたいで、気づいたらこんな時間。なんてことも(笑)」
平成建設を選んだポイントとしては「土地問題が大きかったです。他社の営業さんは半ば諦めていたのに、平成建設の営業さんだけは、難しい問題を調べ、解決策を探してきてくれた」。営業担当は「私達は出来ないとは言いたくありませんからね。どうにか解決できるよう知恵を出すのが役目です」と言う。
もう1つの理由は「私たちの要望を汲み取ってくれる」設計士に会えたこと。家造りに強いこだわりをもったK様だが、設計担当から提案されたプランニングは〈まさに思い描いていた住まい〉だったそう。住宅の見学会に足を運び〝この人なら大丈夫〟と確信したそうだ。
現場でも細かい気配りをしてくれるので、何も心配は無かったという。「本当に安心して任せられました」。平成建設はここで一つの夢を実現したのだ。

 

白を基調とした外観と内観
LDKは20. 4帖の大空間。2階LDKと3階部分を繋ぐ勾配天井により、
通風性・採光性に優れた非常に開放感のある空間になっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥様のセレクトショップ
1階には奥様の営むセレクトショップを併設。
ショップに生活感を出したくないとのことで、
生活スペースの殆どを2階に設けた。