成建設には、建築に関わる多彩な10の職種が存在する。色々なタイプの人間が集まるから、互いに影響しあい、そこから良いモノが生まれていく。ここでは一つ一つの職種について、詳しく見ていく。

営業
<事業系営業>土地のオーナー様に、土地活用の提案から経営の手助けまで行う、コンサルティング型の営業。地域全体をデザインするようなプロジェクトも手掛ける。

<住宅系営業>土地探しから建築、アフターメンテナンスまで、お客さまの幸せな暮らしを共につくり、喜びを分かちあう仕事。

大工
日本の木造文化を守り、次世代へ継承する職人。高い技術を持ち、設計や現場監督、人材育成まで行う〈棟梁〉となるため日々鍛錬する。

 

現場監督
着工前からお引き渡し後まで、一貫して建築に携わり管理を務める。職人たちとともに建物をつくっていく。

 

多能工
鉄筋コンクリート建造物に関わる仕事を一手に行う。1人の職人が多くの技能を持ち合わせ、知識や経験を踏まえ、チームで造り上げる。

 

設計
集合住宅から個人住宅、店舗、医院など多種多様な建物の設計を行う。お客様のご要望に+αの価値を加えて提案する。
リフォーム設計
住まいの問題解決に留まらず、ライフスタイルの向上につながる価値を提案する。生活を設計していく仕事。

デザイナー
平成建設という会社をデザインしていく。ライターやフォトグラファー、イラストレーターなどを兼務し、発想・企画・行動力が求められる。

システムエンジニア
平成建設の内製化を支える陰の立役者。会社の現状、未来を見通した最適なシステムを構築する。

総合事務
業務や社員のことを隅々まで把握し、各拠点を円滑に動かす。時に会社の顔となり、時に裏方に徹する、強く優しい力がある。