成建設は、創業以来「建築工程の内製化」を基に大工を育成し、事業を展開してきました。しかし!建築工程に携わるのは大工・職人だけではありません!営業はお客様のご要望をもとに最適な計画をご提案。設計はお客様の理想の建築を設計します。工事が順調に進むよう監督が段取りを整えるから、大工・職人が存分に技術を発揮できます。建築した後も建物管理は重要。自社によるアフターメンテナンスで安心・快適な生活をサポート。「ものづくりの喜び」を社員全員で共有するべく、日々働いています。
職種にかかわらず社員全員が持っているのがこの HEISEI DAIKU MIND。お客様と一緒に、質の高い建築をつくっていきたい、そう願う平成建設の職人魂です。
HEISEI DAIKU MIND、あなたの心にもありますか?

 


HEISEI DAIKU MIND

工場でなく、現場。商品でなく、建築。注文でなく、協働。
職人が、一棟ずつ心を込めてつくる住まい。
それが私たちの考えるものづくりの原点です。
私たちは、大工の技と精神を受け継ぐ職人集団として、
HEISEI DAIKU MINDを中心に据えた、独自の「建築工程の内製化」に取り組んでいます。
お客様の思いを形にする質の高い建築の創造とともに、
日本の建築文化を受け継ぎ、未来へと伝えていきます。


 

 

来大工は、木を扱う職人の総称。その中でも、材を扱う技術・設計・監督・積算・人材育成など、全てを取り仕切るトップの職人が棟梁と呼ばれていました。平成建設の職人達は多くが現場を経験し、職種にかかわらず一人ひとりが大工の誇りを受け継いでいます。職人としての技量はもちろん、大工の精神を受け継ぎ、新しいものづくりに挑戦すること。それがHEISEI DAIKU MINDです。
また、私たちはお客様にも“ものづくりの喜び”を共有していただきたいと考えています。
平成建設では、HEISEI DAIKU MINDを核とし、お客様と共に職種の垣根を越えた建築をしています。