カテゴリー

カテゴリー: 平成建設について

平成建設について

これから目指すのは 更なる技術の向上 

京都進出を次の目標に 職人の技術を更に向上させるために、京都へ進出することを次の目標としています。言うまでもなく、京都は日本伝統の文化・技術の集積地。日本を代表する棟梁が多数活躍しています。しかし現実には、彼らもまた後継…

平成建設について

静岡県から首都圏へ 

東京・神奈川・静岡の計6か所にて事業展開 平成元年、木造建築文化の未来に危機感を抱いた社長・秋元は、たった1人で平成建設を創業しました。高い理想のもと、信用できる社員を少しずつ集め、社内で大工・職人を育成する独自のビジネ…

平成建設について, 職種紹介

働く くるま 

01. 油圧ショベル 主に掘削・埋め戻し・整地等の作業に使用する。機種によってクレーン機能がついており、掘削と吊り上げの両方の作業が行える。乗り心地は結構揺れるので、車酔いしやすいとのことだが、<THE職人>という感じの…