築賞 大賞 三島の家(新築住宅)
三島市の中心部に建つ、壁式RC構造の戸建て住宅。 敷地環境としては住宅密集地域にもかかわらず、緑道や公園など豊かな自然が近隣に点在する恵まれた環境。猥雑な周辺環境の只中において、プライバシーを確保しつつ開放的な生活環境を成立させるため、外部と住宅の境界を単なる壁としてではなく、環境要素を取捨選択するフィルターとして設定している。囲われた中庭は都市住宅の理想ともいえ、高級RC住宅の代表作品として十分アピールできる物件であり、空間的にも充実している。コートハウスの手法によるまとめ方は、また違った設計者の引出しの多さを見せられたように感じる。内部・外部ともに細心の注意を払い素材を吟味して作成された過程が非常にわかりやすく、評価ができる。このことは、建築を通じた「ものつくり」の力を社会に発信する弊社にとって、大きなアピールとなっていると考えられるだろう。(photo:Nacasa&Partners)

 

2位 グランウッド(賃貸マンション)
シックな2丁掛タイルの質感は、建物のボリュームと相まって優れた存在感を放っている。当社としては今までにないステイタスを感じさせる建物になっている。大きな庇が雨除けとして機能するとともに、水平ラインを強調し、シャープな印象を与えている。入口の自動ドアはエントランス奥の水盤やアクセントウォールが望めるようガラスの枠や無目、センサー等の要素を極力目立たせないよう配慮されている。

 

3位 N様邸(新築住宅)
外観は簡潔で好印象。内部は木のぬくもりを感じる、 「平成の家」のベースになっている。当社の色が出て、 空間のバランスが良く、良質な建築といえる。大工の手による造作の数々。よりよいものができるようにと、設計と大工の打合せの中で形を変えながら生み出された経緯が評価できる。