成建設の設計士は、注文住宅・賃貸マンション・店舗など、多種多様な建物を手掛けている。施主が建築に何を望んでいるのか、〈目に見える要望〉〈見えない要望〉を理解し、そしてより最適な提案をする。建築の知識はもちろん、人と人とをつなぐコミュニケーション能力が一番重要な要素だ。
住宅はお施主様によって、こだわりのポイントが違うので一つとして同じ設計にはならない。住宅事業部設計課の長澤和孝はこう話す。「建築はプロダクト製品と違い、お施主様と一緒に創り上げていく事ができるもの。お施主様に寄り添って一緒に悩み、答えを出していく作業は大変ですが、やり切った時の達成感は何にも代えがたいものです」
長澤は入社一年目に、どれだけお客様の気持ちになって考えられるかが大切だということを上司に教えられたという。相手は建築の素人。専門用語や難解な図面で理解できるのか? よく分からないまま〝イエス〟と言わせていないだろうか? 逆の立場だったら納得できるのだろうか?
「それからは、お施主様にわかりやすいことを第一に考えてプレゼンをしています。図面では伝わりにくい部分は、その場でさっとスケッチをしてお見せします」
さまざまな建築を見に行く先でも、これはお客様の好みに合っていそうだ、などといつでも考えているという。
打ち合わせをするときは、積極的に趣味や普段の生活の様子を汲み取るように心掛ける。その中に本人も気づいていない問題や新しい提案をする〈タネ〉が隠されているのだ。その分、手間や設計にかける時間は当然増えてくるが、お客様にとって最適な住宅になるよう、検討する労力を惜しまないのが平成建設流だ。
また、平成建設にはリフォームを専門にする部門もある。今ある建物の〈素材〉を活かした設計が大切な要素。新築当時の図面がないことも多く、構造や豊富な建築の知識が必要な仕事。単に住まいの問題を解決するだけではなく、家族や環境の変化に対応する新しい価値を提案することが、リフォーム設計の真髄だ。
最近では育った家に対する思い入れから建て替えをせず、あえて大規模なリフォームを選択するケースが増えてきている。お客様が大切にしている思い出をどう活かしていくのか。
「お客様が何を望んでいるのか考え、図面を見せたときに喜んでいただける姿を思い浮かべながらプランを考えますね。試行錯誤を繰り返して、思い出の柱や壁を残しながら新しい空間に溶け込ませていきます。プランニングがうまくいって、お客様が笑顔になってくれたときはとても嬉しいですね」とリフォームを担当する設計士は語る。