ものづくりへの憧れをもった学生時代。
胸を張って働ける会社をさがし、
職人を育てる企業の一員として
平成建設で働く道を選んだ。

Q. 総合事務の仕事をしていて、良かったと思うことは?
A. 私は入社するまで建築について何も知らなかったのですが、ものづくりはお客様だけではなく、職人や設計士、監督など様々な人の思いが重なって進んでいくということを実感することができました。多種多様な社員とかかわりを持つことで、仕事でもプライベートでも人としての幅が広がったと思います。これからはもっと積極的に現場のサポートにつながる仕事がしたいですね。

Q. どんな人が総合事務に向いていると思いますか?
A. 誰かのために何かをすることが好きな人ですね。内勤だからといって、同じ仕事を繰り返しているわけではありません。その時何が重要で、何が求められているかを直感的に感じられる柔軟な頭脳をもった人が向いていると思います。当然多くの人と触れ合う仕事ですので、ポジティブで明るい笑顔を絶やさないことも大切だと思っています。

 

関口 純子 Junko Sekiguchi
2012年入社 総務部総務課
仕事への責任感も高く、上司から安心して仕事を任せられる存在。車好きの知識を活かし、会社で所有している200台を越える車両の点検・車検・購入・廃車の手続きなども任せられている。