ダメ元で飛び込んだデザイン職。
知識や技術がゼロの状態から
何でもできるマルチプレーヤーに。
力を付けようと思えばどこまででもできる仕事。

Q. デザインの仕事をしていて、良かったと思うことは?
A. 一人で色々なことができる所が一番面白いですね。広告・パンフレット・WEB・撮影・建築パース……。表現する媒体が違えば考え方や表現手法も違います。日々、この媒体にはどんな表現が適切かを考えなければなりません。とても難しいですが「お客様の反響がとても良かった」などの現場の生の声を聞くことができると、次も頑張ろうという気持ちになります。

Q. どんな人がデザイナーに向いていると思いますか?
A. 明るく、楽しく働けて、気の遣える人。そういう人と一緒に働きたいなと思います。あとは、様々な視点で物事を考えられる柔軟な人。色々な媒体を通じて情報発信をするには、柔軟な思考が必要だと思います。私は、今までの経験に縛られてしまって、なかなか新しい発想が出なかったりすることもあるので、そんな人に刺激を受けながら働きたいですね。

 

髙嶋 美奈 Mina Takashima
2009年入社 デザイン部 主任
本社に2年勤務した後、厚木支店へ異動。 異動当初は最年少であったが、任される分野も広がり厚木支店デザイン課の中核を担う存在に。 その後、本社デザイン部に異動し、デザインのみならず、企画の仕事も任される。