が降り注ぐ。光が満ちる。射し込む、広がる、走る……。この住宅では実に様々な光のグラデーションが展開される。
寄り付きに足を踏み入れると、天井に設けた間接光が玄関ホールまで一直線に光のラインを描く。その光に導かれるように戸を開けると、そこはギャラリーを兼ねた玄関ホール。ここでは、お施主様の民芸コレクションや季節毎に掛け替える絵画を、光源を隠された光が演出する。
室内の照明も極力、建築化照明と家具の中に仕込まれた光で構成。点灯すると、塗り壁の反射を利用した柔らかな明かりで満たされる。建物のボリュームを考え、採光のため各所に設けられたトップライトから射し込む陽の光も、時間の経過と共に刻一刻とその表情を変えていく。


数ある光の仕掛けの中で、特に効果的なのが階段室だろう。階段室と隣の玄関ホールを隔てている壁にタぺガラスを設置。ホールに設けられたトップライトからの光を、階段室にも取り込んでいる。
陽の光と空の色、トップライトの中に仕込まれた間接照明が織りなす、光のハーモニー。ほのかに時にドラマティックに。
一日の中で様々に変化する光のグラデーションを目にしたお施主様からは、「この光景を見るのが楽しみなんです」との言葉を頂いた。
床材や造作・置き家具は節のない滑らかな木目が美しいオークで揃え、バーチカルブラインドや部屋を隔てる格子等の縦ラインは主にウォルナットを使用。実施設計とインテリア計画を同時に行い、内装をできるだけシンプルにコーディネートして統一感を出した。
その狙いは窓の外にある。現在急ピッチで進められている、滝を主役とした日本庭園。これが出来上がって初めて、「日本庭園に臨む家」の完成を見る。