ンクリートを流すための型枠、鉄筋の加工、足場の設置や土工事。多能工がこなす種目は様々。道具も一つひとつの作業に適したものが使用される。一見同じような道具も全く異なる場面で使用されるのだ。使い込まれた道具は職人の手足と同じである。

 

コンクリートを均すための鏝。
左から天端・面・左官・木・土間・目地・柳・オリジナル柳と用途に応じて使い分ける。

 

 

 

 

 

型枠を組むときに使用する、型枠玄翁〈上2つ〉と普通の玄翁〈下〉、柄の長さは好みによって異なる。

 

 

 

 

 

 

 

フォームタイ〈コンクリートの圧力で型枠が弾けないようにするために押さえる金具〉を固定するための専用のスパナ。

 

 

 

 

 

 

 

セパ通し。型枠の厚みを均一に保持するためのセパレーターを型枠に通すための道具。

 

 

 

 

 

 

 

 

しの付きラチェット。ソケットではボルトやナットを締め、先端では番線を締めたりする鳶職用の工具。

 

 

 

 

 

 

 

皮剝き。主に型枠のけれん〈残ったコンクリート片や汚れを落とす作業〉に使う。

 

 

 

 

 

 

 

 

上/鉄筋を曲げる台直しハッカー〈鉄筋の太さによって種類を使い分ける〉、下/鉄筋を結束する手ハッカー。

 

 

 

 

 

 

平タガネ。柄の部分をハンマー等で叩き、コンクリートを削ったり解体する時に使用する。

 

 

 

 

 

 

 

ハンマー類―左からブロックハンマー、足場ハンマー、石頭ハンマー、ゴムハンマー。用途に応じて使い分ける。

 

 

 

 

 

 

中バール。上は主に釘抜きに下は解体作業に用いられることが多い。サイズにより呼び名が変わる〈小バール、大バール〉。