夏の候、毎年恒例の社内行事として入社1年目と2年目社員のための研修が行われる。研修といえども堅苦しいものではなく、テニスとソフトボール、そして夜はカラオケ大会……と新人が羽を伸ばして楽しめる〈研修〉である。

 

1.TENNIS まずは平成建設お決まりのテニスから。

新人研修はテニスから始まる。平成建設はテニス好きが多いため、内定者研修など様々なところでテニスはよく行われる。今回は、8チームに分かれてトーナメント形式で行った。たとえ1回戦で負けたとしてもそこで終わりではない。敗者復活戦のトーナメントも用意されている。なかなか決着がつかない試合が展開された。

 

 

 

 

 

 

2.SOFT BALL 攻守ともに、見事なプレーが繰り広げられる。ホームランを出す者も。

北海道・東北、関東、中部・関西、その他地域の全4チームに分かれて行なわれた出身地域対抗ソフトボール大会。リーグ形式で行い、結果関東チームが優勝。その後、選抜チームリレーや個人リレーも行われ、選抜チームリレーでは中部チームが優勝。個人リレーは有志参加なのだが、グランドが広すぎて気乗りしなかったのか参加者が少なく、社長のご指名で走った者も。

 

 

 

 

 

 

 

 

3.KARAOKE コントあり、女装あり。とにかく何でもありのカラオケ大会。

新人研修の夜のメインイベント〈カラオケ大会〉では、この日のために準備をしてきた出場者のパフォーマンスによって歓声が沸いた。Perfume〈チョコレイト・ディスコ〉から始まり、学園天国やももいろクローバーZ、きゃりーぱみゅぱみゅなど様々な曲が繰り広げられた。投票により、見事優勝したのは1年目大工男性陣によるはっぱ隊。彼らには後に行われる平成建設カラオケ大会の出場権が与えられた。