ものづくりについて、考えさせられました 〈設計士・角谷良一〉
今回のプロジェクトは古民家を再生させるのではなく、新築住宅に優れた古材を〈魅せる素材〉として導入した点が重要です。 住宅を〈器〉として捉え、大工の手によって新しく命を吹き込まれた古材を意匠として取り入れています。古材の梁は100年以上の年月を経ていますが、大工が手を入れることで見事に蘇りました。新しいものには決して出せない、芸術品のような存在感を宿しています。
 また、アンティークの建具は約100年前、明治時代から昭和初期につくられたものです。それらの優れた造作に触れることで、現代のものづくりについて深く考えさせられました。今、私たちが造っているものは100年後にもしっかりと使えて、魅力的なデザイン、普遍的な価値があるといえるでしょうか?
 その問いに対して、はっきりと「ある」と答えられるようなものづくりをしていくことは、日本のすべての建築業、製造業が目標とすべきテーマではないでしょうか。

お施主様の熱意が我々の意欲になる 〈棟梁・土屋和之〉

今までも古材を扱う機会はありましたが、「大正浪漫邸宅」は一番規模が大きな住宅です。構造にはSE構法を採用しているので、その特長である耐震性能を損なわずに、如何に美しく見せるかを研究しました。お施主様はとても勉強熱心な方で、こちらが用意した写真を見た翌週に、写真に写っている建物に実際に足を運ばれたりされていました。そういった熱意を持たれたお客様との仕事は、造り手として嬉しいものですね。
平成建設の大工は、直接お施主様と打ち合わせをする事は珍しくありません。お施主様と現場が密着し、一体となった家造りをする環境が整っているからこそ、大工という仕事の面白さを感じることができるのです。

平成建設だから実現した、家とお施主様の笑顔 〈営業・寺島辰樹〉

U様と出会ったとき、家造りへの情熱の大きさに驚かされました。ハードルは高いと思いましたが、平成建設なら絶対に満足なものができるはずだという確信を持っていました。角谷がU様のイメージを具体的なプランに落とし込み、土屋が木の知識と経験を持ちより、着実に丁寧に作り上げていくのは感動的でした。出来上がった大正浪漫邸宅を見た時は感無量でしたね。時間と手間をかければ本当にここまでの物ができるのかと、改めて平成建設の設計力と大工の高い技術力に自信を持つことができました。 何より、U様に「理想を実現してくれた」と大変喜んでいただいたことが、とても印象に残っています。設計士と大工の協力体制がある平成建設だからこそ実現できた物件で、お施主様に満足して頂けたことを、社員として嬉しく思っています。