成建設は、一般的な建設会社とは異なる〈内製化〉システムが特徴です。
でも、そもそも一般的な建設会社って……? それぞれの仕組みを比べてみました。

<平成建設>
平成建設では、基本的に社員である職人が工事を行う。現場には施主の顔写真が掲載されていて、「誰のために仕事をしているのか」を皆が共有している。現場監督や設計士、職人は対等な関係で、職人側からの提案で設計が変更になることもある。職人は自社の看板を背負っているという自覚から、平成建設の名に恥じない品質を自らに課す。また職人同士の横のつながりもあるので、効率の良い仕事が可能だ。

<一般的な建設会社>
一般的に建設会社には職人がいないので、施工はその都度アウトソーシング(外注)している。このため、現場で働く職人は下請け・孫請けになり施主の顔を知らない、という状況が生まれやすい。また、現場監督や設計と職人の間には上下関係が発生し、下請けである職人側からの提案は難しい。また、職人は依頼主が施主ではなく元請け会社なので、効率を重視せざるを得ないことも多い。