電気工事前の、少し暗い現場から

  • 投稿日

    2020.2.17
  • カテゴリー

    現場

内装の仕上げ段階に入ったこちらの現場、電気工事直前で、少し暗いんです。
(今回の記事はちょっと暗い写真が続きます。申し訳ないですが、ご容赦願います。)
天井にはライトグレーの壁クロスが張られ、キッチン脇には、家事コーナーが作られていました。LDKの壁塗りを控えて養生されていますので、よく見ることはできませんが…。



前回の記事で作成途中だった、リビングのTVカウンター&ベンチカウンターも天板がつき、養生されていました。「今はお見せできなくて…すみません」と監督・寺本。いやあ、完成時に来られなくて、こちらこそすみません。楽しみは後に取っておきましょう。




現場にいらしていた内装業者さんが「こっちのカウンター、きれいに仕上がってるから、こっちを見なよ!」と、固定前のキッチンカウンターの養生を剥がしてくれました。

おお〜。つやつやに仕上がっています。きれいです。


「キッチンはどうしても水が気になるところですから、水濡れに強い塗装にしました。」木の家具にとって、水気は大敵ですからね。こういう心遣いが嬉しいですね。 





ところで、天井に開いてる穴、気になりませんか?内装業者さんが帰られたあと、寺本に尋ねてみました。

ダウンライトの入る場所に、笑顔が!
「あ〜、あの内装業者さん、こういうお茶目なところがあるんですよね〜。」

こちらはダイニングテーブルを照らすダウンライト。みんな異なる表情で、カワイイ!でもダウンライトが入るときには切り取られてしまうんですって。この段階で写真に残すことができて、よかったです。

巖 ゆかり

巖 ゆかりyukari iwao

本社 デザイン課

チラシやパンフレット作成などを主に担当しています。平成建設とお客様の橋渡しができればと思っています。