自由設計の家って、本当に自由!

共働き+子育て真っ最中のご家族にとって、いちばん欲しいものは、きっと「時間」でしょう。 朝起きて、朝ごはんを食べて、身支度して、掃除して、夜中にタイマー回してた洗濯物を干して、保育園に送り届けて……。


息つく暇もない!


核家族だったら、頼れるじいじやばあばもおらず、自分たちだけで毎日なんとかする……? 現代は便利な家電もいろいろあるので、どんどん頼ればいいですし、それをバックアップできるのが、「自由設計の家」。住む人の生活を応援してくれる住まいです。


でも「家事ラク」な家って、個人差があると思うんですよね。家事の向き・不向きもあるでしょうし、朝型 or 夜型 でも異なることがでてくるはずです。

こちらの住まいのプランをみて私が驚いたのが「洗濯機が2台」 「冷蔵庫が2台」 。大型家電を置くスペースって最初から確保してないと、取れないですよね。2台の洗濯機は「汚れがべっとりついたご主人の作業着を、普段着と別洗いするため」、2台の冷蔵庫は「ご実家から送られてくる大量の食料を保存するため」 なのだそう。これ、自由設計の家だからこそ、できることだと思います。

しかも、洗濯機が「室内干しスペース」にあるんです!洗濯機から直接洗濯物を干せる!スバラシイ!(設計士からの提案で、この形になりました。女性設計士、目の付け所が違います。)
我が家は洗面所にある洗濯機前でハンガーにかけた衣類を、室内干しスペースに運んでいます。 時々「バスタオル引きずってる!」と旦那に注意されることも。このプラン、個人的にとてもウラヤマシイです。


自分が家事をやりやすいように、家をつくる。そんなスタンスの家づくりがあっても、いいと思います。

巖 ゆかりyukari iwao

本社 デザイン課

チラシやパンフレット作成などを主に担当しています。平成建設とお客様の橋渡しができればと思っています。