平成建設の家

眺める庭、触る庭、遊ぶ庭

近年、「家づくり」での優先順位に「庭が欲しい」といった要望が多くなっているように思えます。

「庭は敷地が広くないとできない?」と思われますが、そうとは一概には言えません。子どもがサッカーをするなら広い庭が必要かもしれませんが、室内から眺める庭なら広い敷地でなくとも実現します。

実際、我が家の庭は遊ぶ庭というより眺める庭を考えて作っています。我が家の庭でBBQをしたのは数回程度、毎日子どもが庭にでることはありません。それでも室内から眺め「葉が落ちちゃったね」「鳥が来たよ」といった会話で、十分庭を楽しんでいます。

工事前の敷地の様子、これですよ。しかも南面…。

完全に擁壁に囲まれた場所。毎日リビングからこの擁壁を眺めるなんて…

と思い、雑木風の庭を作りました。 これなら擁壁の存在感が薄れる!毎日暮らす家ですから、心地よく暮らしたいですよね。

こちらのお住まいは交通量が多い国道に面したお住まい。

板塀で目隠しをすることで、車通りが気にならないプライベートの庭となりました。リビングのカーテンを開けて過ごせるのも良いですよね。

こちらは玄関アプローチに家庭菜園の庭をデザインしたお住まい。

「今は何を植えていますか?」なんて、訪れる方との会話もはずみそうですね!

もちろん、お子様と遊ぶ庭を作る方もいらっしゃいます。

庭の水やりを一緒に楽しんでいるそう。竣工後のインタビューでは庭への想いをお話してくださいました。

これだけスペースがあったら、ステイホームもなんのその。我が家が公園に早変わり。もちろん、広い遊べる庭も高い需要があります!

数本の木を植えるだけでも、素敵な空間になります。 ぜひ、家づくりの際には「庭」にも目を向けてみてくださいね。

そして好評販売中の竜南分譲地はゆとりある敷地面積を確保しているので、庭のある暮らしが実現するプランニングができます。土地からお探しの方は、ぜひご検討ください。

竜南分譲地

お問い合わせはこちら

TEL:054-284-5000/10:00~18:00

公園・学校・商業施設が揃う住環境。北街道・静清バイパスへのアクセスも良好。資料請求もお気軽にどうぞ。

詳細はこちら